Roomclip Instagram
TEL 0120-836-087
Roomclip
Instagram
Blog

アツいまち4市が熊谷に集結! 「アツいまちサミット2019 in 熊谷」

埼玉お知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
           

ファンスタイル一級建築士事務所の森です。

埼玉県の中でも暑いことで知られるここ熊谷で、「アツいまちサミット」が開催されました。

暑い街だからこそ考えたい「涼活」をテーマに、暑さ日本一の記録を持つ街が一堂に会して、暑さを乗り切るためのアイデアを考え発表するという取り組みです。

今回は、その様子をご紹介したいと思います。

 

今年で6回目! 「アツいまちサミット」

6月1日(土)、今回で6回目となる「アツいまちサミット」が、駅ビルAZ熊谷の6FにあるKumagaya Place Hall で開かれました。

 

「アツいまちサミット」は、暑いことで有名な4市と株式会社伊藤園とが共催するイベントです。4市とは、

歴代最高気温を保有する山形県山形市と岐阜県多治見市、高知県四万十市と、ここ熊谷市です。各市の有志一同(団体や企業、学生さんなど)

と伊藤園さんから約70名の参加者が集まりました。ちなみに私は昨年から参加させていただいております。

 

暑さ対策では一歩進んでいるという自負から、各市がその取り組みを共有、アイデアを出し合い、さらに発信していこうという目的で回を重ねています。

今年のテーマは昨年に引き続き「涼活」でした。

 

個性あふれる各市のアイデア

・山形市:

山形市は蔵王が有名です。蔵王といえばウィンタースポーツということで、夏の集客アップを目指して、ひんやりとした空気が楽しめる登山や蔵王温泉の巨大露天風呂、

冷やし茶漬けとも呼ばれる郷土料理「水まんま」のアイデアが出ました。

・多治見市:

多治見市は、カッパ伝説にちなんで、全国にあるカッパの怪談話を本屋などで読み聞かせて涼むことを提案。カッパが得意とする川遊びでの注意点を広めたいとしていました。

 

・四万十市:

四万十市は、体を冷やす効果があるとされる米ナスが特産品です。ナスの新しい楽しみ方として米ナスディップなどを開発するとし、

8月に道の駅で開かれるナスフェスで提案するとしました。

熊谷市はスイーツを2つ提案

熊谷からは2チームが参加し、それぞれにスイーツを提案することになりました。

 

熊谷チーム1は、地元のお菓子メーカーさんとのコラボです。メーカーさんの既存のお菓子にミントフレーバーを加えて涼感を演出し、

夏季限定品として販売するという提案でした。

私が参加させていただいたのは熊谷チーム2(うどん担当)の方で、同じスイーツでも「うどんスイーツ」です。昨年は「おはようどん」

という朝ごはんにうどんを食べる活動をしましたが、今年はもっと身近に感じてもらえる活動をということで、スイーツになりました。

 

冷たいうどんであれば暑い夏でも食が進むのではないかということから、うどんの常識を覆す四角いうどんシートを使ったひんやりスイーツを考案する予定です。

今後はチーム内で試作を重ねてレシピを完成させ、うどんスイーツの手作り体験会も企画します。

まとめ

アツいまちサミットを終えるにあたり、4市がそれぞれ今年の夏に実施することを宣言する「アツいまち共同宣言」を採択して、サミットは閉会しました。

数ヶ月後にどのような「うどんスイーツ」が熊谷に登場するか、楽しみにしていてくださると嬉しいです。

 

暑いときにだけ注目を浴び、だから住みたくないと敬遠されるのではなく、暑いからこそ暑さ対策がされていて過ごしやすい街を目指して、

これからも活動を続けて参ります。ご一緒に熊谷の「涼活」を盛り上げていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。